アーユルヴェーダへの扉 NEEM

Welcome to my blog!

ヘナの受難

2021/02/09
ヘナを愛するハート 0

ヘナの受難


日本で天然100%のヘナが
認可されたのは
つい12年くらい前です。


それまでヘナは
本当の愛好者だけが
使っていました。

ヘナをすると
髪の中にしっかり
絡むので
髪の色を変えることが
大変むつかしく、


白髪にブリーチして
アルカリの色を入れる
ような2回の化学カラリングで
髪の色を変えなければならないため
美容室では
いまでも毛嫌いされています。

パーマもかかりにくくなります。

ヘナは単価が高く、手間も時間もかかり
美容室でビジネスにもなりません。

何かあるたびに
ヘナは何回も受難を
受けてきました。

20200811henna4.jpg


インドにモリンガのオーガニックオイルを
ISO認定の工場で
絞っているところがあります。

フランス人の指導の下
輸出する前はサンプリングで
フランス国内で

300以上の農薬の残留を
分析するので
それはきびしい守られた 
ファームでした。

そこで種をかじったり
オイルをコールドプレスで
絞っている様子を
見学したり
何度も足を運んでいるうちに

絞ったときのその
香り、味、全てが
五感に染み渡り
連結します。


うまく言葉では
言い表せないのですが

身近なところで宇宙はメッセージを送っています



見ること
嗅ぐ事
味わい舌と喉で
味わうこと
触れる触感


このコネクションが繋がるので

例えば純度が低いモリンガオイル
だとすぐ偽者ってわかります。

喉と身体で香りを体感する(昔の記事)
ローズウォーターをなぜ輸入しないかは
6ヶ月しか持たないからです。


ホホバは無臭なので
触感と質感が
まず顕著に現れます。

ヘナはソジャッとの砂漠から
アロエベラゲルはアメリカから
ホホバはペルーから
ハイビスカスはインドの赤の原種から
黒ゴマは南インド

その土地の力が高いほど

地球の緯度
太陽の引力


植物に取り込まれた
生命力は採取された後も
活き続けます。

そして
シンプルな
行程で絞られたり
蒸気で抽出されたり
オイルの中に煮出されたりすると

もっと力は封じ込まれて
生きながらえて
例えば
わたしたちが
使うことで

エネルギーが乗り移る
マトリックスするような体感があり


それは購入していただく
お客様も
共感をわたしの思いと
分かち合い

自然と宇宙と繋がっている
感謝が心に芽吹いてくるのだと
思うのです。
伝統は人間と物との一体化

traditonalfc2.jpg

天然とうたった
髪染めがマーケットに
現れては消えます。
伝統は統計学と同じで
積み重なり
年代を経て
風化せず残りえた宝物です。


揺らぎがありません。
ヘナの歴史は
アーユルヴェーダより古い
ユナニに基づくと言われます。
skybluefc2.jpg

コロナの影響で
悲しみや、憤りも
グリーンに救われる人も
少なくないと聞きます。


しっかり大地に繋がれる
生が大切だと思うのですが

どうすれば
人間の生き方を
土に近く引き戻せるのでしょう?

大きな課題です。


BLOGランキング参加しております。どうぞポチッとお願いします。



人気ブログランキング

YAHOO店はこちら、

ただ今クーポン配布中です。

SHOP YAHOO













関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
NEEM
Admin: NEEM
こんにちはNEEMです。
ヘナと縁があって
日本、インド、オマーンと
ヘナの輸入卸とコンサルタントをして
30年近くになりました。
ヘナの力の素晴らしさを共有できれば、また
いつかお会いできればとてもうれしく思います。
メール:ayure88@gmail.com LINE ID naokoindia
ヘナを愛するハート