アーユルヴェーダへの扉 NEEM

Welcome to my blog!

サポニンを利用した天然シャンプー

2020/07/14
シカカイのお話 0

サポニン成分のシカカイ、リタを知り尽くす



以前の記事でシャンプーの語源は
ヒンドゥ語で
マッサージしながら頭皮を洗う、
と言うこと
なのですが

シカカイやリタを使って
髪を洗っていると
シカカイで髪を洗う記事は→ここから

この語源にがっつりはまっている
シャンプーの語源に
大きな合点がいきます。

洗浄成分であるサポニンが
頭皮の汚れをとり
シカカイは髪を洗い流したとき
くたっと柔らかなシルーキーな質感


リタはシャキッとした質感
髪を仕上げますが、

化学の洗浄成分でないために
皮脂を(皮膚のバリヤーです)
とりすぎないで残します。


なので化学のシャンプーをしたあとの
毛穴すっきり感はありません。


化学のバブルとクッションを味わった
わたしたちは
そこが
物足らないと
感じる点かもしれません。

髪の柔らかな人は
油分があると
ペットッとした感覚が
ぬぐえないのです。
キサンタンガム付きインドハーブはこちらをクリック

bannerpureherbp


ここでNEEM(店主)がお勧めするのが
100金の木で作ったコームです。
前頭葉のあたり、
額から後頭部に欠けて
また右、左に
髪を分けて
地肌に当たるよう
コーミングします。
ダイソーのクシ
桃の木から出来ているこのコーム
なかなかよくて


頭皮にあたるところが角が無く
痛くないのです。

適度に刺激、
クシの荒さもいい感じです。


アユールモイストジェルや
とったばかりのアロエ

アユールJ(オーガニックホホバ)
アユールJ ホホバ

ハイビスカスオイルなどを
塗布し、ひっかからないよう
コーミングしてから

しばらく置き
2倍に薄めたアユール紫シャンプー(然シャンプー)で
洗います。

リタ、シカカイのサポニン成分を利用することで感じるハーブ体感



前回の記事で
ヘナした後
シャンプーする、しないの
お話をしましたが

ヘナに100gなら大匙半分、
のシカカイやリタを混ぜて
塗布することで

リタの黒い実は羽子板の先です。
シンデレラの実写版でもシンデレラがロバに引かす洗濯器
?にリタを投入していました。

ARITHA2019
新鮮アムラ

サポニン成分が加わるため
かなりヘナの引っかかり感、
香りも抑えられます。


ヘナしながら
シャンプーするという
一石二鳥のインドハーブ体感道です。
ss0002.jpg


余談ですが
シャンプー液をヘナに混ぜる方も
いらっしゃいます。
100gに小さじ1、

一度で終わるので
手間が省けますといわれておりました。(驚き!)
それぞれの生活に合うハーバルライフがアーユルヴェーダ的生き方


人と同じ生活ではないのだから
自分なりの
ハーブとの付き会い方が
ハーバルライフを
長続きさせるこつです。

加えてそれぞれのハーブのもつ成分が
髪の質感を変え
アーユルヴェーダの精神、
宇宙との和合も感じやすくなります。


BLOGランキング参加しております。どうぞポチッとお願いします。

人気ブログランキング
YAHOO店はこちら
SHOP YAHOO















関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Trackback 0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
NEEM
Admin: NEEM
こんにちはNEEMです。
ヘナと縁があって
日本、インド、オマーンと
ヘナの輸入卸とコンサルタントをして
30年近くになりました。
ヘナの力の素晴らしさを共有できれば、また
いつかお会いできればとてもうれしく思います。
メール:ayure88@gmail.com LINE ID naokoindia
シカカイのお話