アーユルヴェーダへの扉 NEEM

Welcome to my blog!

さすがスパイス会社の娘さん、血は争えません。

2019/03/12
アーユルベーダ紀行 0
彼女のキッチンに立ち、チャイを作りながらロメオ先生がレクチャしてくださったのはとっても分かりやすいスパイスの考え方、捉え方、
まず、ノンベジでなくベジ全般から捉えていただきました。ざくっとです。

1.食に対のスパイス 
2.フルーツやサラダに対してのスパイス
3 紅茶 のスパイス。

スパイスとは刺激もあるのですが抗酸化作用、(腐りにくい)アロマがあり、また味もあります。
つまりメディカル作用と 香り、そして味

1.ガラムマサラ
某日本のガラムマサラは本当にひどい、
わたしが使っているのはMDHのですがマスタードオイルをベースに野菜を炒めさいごに一振りするだけで
味がグンとよくなる、隠し味でおしょうゆも合う。

2.ゆでたとうもろこしや、ゆで卵にあうのがパンジェット味のチャートマサラ

3.そして紅茶にあうアロマのあるマサラ

これを実際つくり味わい、そうすると本当のスパイスの違いや使う面白さが出てきます。

こんな授業日本で開かれば最高!

15523182860.jpeg
まずクローブ、カルダモン、しょうが、シナモンを砕きます。
そして少し残して(ここがポイント)ゆでます。
まずスパイスをゆでる
次にアッサムかブラックティーミルクを注ぎ、ぐつぐつ煮ないでここで残りのスパイスを入れて火を止める
とっても上品なマサラティーでした。
お願いして先生のレシピのパウダーを作ってもらうことに、
紅茶を

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
NEEM
Admin: NEEM
こんにちはNEEMです。
ヘナと縁があって
日本、インド、オマーンと
ヘナの輸入卸とコンサルタントをして
30年近くになりました。
ヘナの力の素晴らしさを共有できれば、また
いつかお会いできればとてもうれしく思います。
メール:ayure88@gmail.com LINE ID naokoindia
アーユルベーダ紀行