アーユルヴェーダへの扉 NEEM

Welcome to my blog!

香りを聞く 天然香だからできること 1 プロローグ

2017/08/01
PRODUCTS 0
インドと言えば100円ショップのお香、あの棒状の長いお香はチープというレッテルが貼られてしまったのでここではあえてインドのお香とは書きません。:
インドは特に北のデリーの人はとんでもない確率で詐欺が多い、外国人はカモです。20年以上インドと貿易している私ですら
デリーに来て住むようになっても、やられました。まあ致命的でなかったので身体は安全で、心もお金もさようならインドまではならないので、許していますが。
わたしがボーっとしているため、人をだますタイプでないので逆に珍しくて寄ってくる人がいます。うちのスパがボランティアするときも
VIPとか、いろいろ幸せそうにスタッフが手を抜かずにトリートメントするからそこが不思議らしいのです。インド人にとって。またうちみたいに儲からないスパをやっているところも珍しいのです。正当な手技で変なことをしない。変なことをするスパはすごい儲かるのです。まあ古今東西同じです。

話は戻って、そんなインドの会社の中で売れない天然のお香を作っている人がいました。
なぜ売れないかと言うと市中に出回っているお香が安すぎるからそんな高いお香買う人がいないのだそう。
でも本人がそれしか作りたくないので、デワリというインドのお正月のときにお世話になった各会社に無料でプレゼントしたりして
趣味で作ってらっしゃいました。
201707301956152bd.jpg
20170730195641f68.jpg


こんないいものなぜ売れないのか?キリのときと同じです。わたしはインド人みんなすごいケチとまたそのときまざまざと実感。
神様にそこらへんのお香をあげるんだ、毎日にすればそれは結構な値段です。
毎日わたしは店の神様に花をあげるのも以下月600円、一年で7200円。それもケチる人がいる。
だから生活費の中からお金を捻出して40円の花を神様に供えている人のほうが信仰心がある。

まあ高いと言えば高いです。このお香毎日たけば3パックは必要です。
スタッフはみんな気に入ってお金ではなくこれは本当にいいと、だからまあ続けている私です。

それまでは柔らかい天然香、香りがいいなだけでしたが先月新しいコイン型のお香をサンプルでもらったとき
感じ方が進化しました。それは 続く


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
NEEM
Admin: NEEM
こんにちはNEEMです。
ヘナと縁があって
日本、インド、オマーンと
ヘナの輸入卸とコンサルタントをして
30年近くになりました。
ヘナの力の素晴らしさを共有できれば、また
いつかお会いできればとてもうれしく思います。
メール:ayure88@gmail.com LINE ID naokoindia
PRODUCTS