アーユルヴェーダへの扉 NEEM

Welcome to my blog!

香港にて

2008/09/05
アーユルベーダ紀行 2
香港で感心することは、銀行、麺屋さん、棺桶屋さん、金魚さん、黄大仙の占いまで、統合され、組織化され、合理化されていて、実に手際が良く人々をさばいてゆきます。
人は用を済ますため飲み込まれ、処理され、押し出され、あのスカイクレイパーの中にきえてゆくのでしょう。田舎で暮らしているわたしには想像できない生活。
貧富の差が大きいことをインドとは異なる形で見せつけます。
香港にアーユルヴェーダが入る道は何回訪れてもないからいつも泊まるだけ。
生活に追われている人々の中から
とんでもない金持ちが出てくるのだから、底力は十分感じてきます。
ある意味、ビクトリアハーバーの夜景を見てるとファイトが湧く街です。
飾り気のない群衆のなかで、濃いメイクの女性や、明るい髪の人たちがいないので、
のっぺらとした群衆に思えますが皆女性は男性的。TVの中も鼻っ柱の強い女性。
大陸でも、女性の地位は高いし、日本とは大違いです。
男も女もTシャッと半パン、片手に煙草、ここで女性は、
我愛銭  批判もあるかもしれませんがそんな顔です。
我相信生意かな。  (生意=ビジネス

そうそう
中国語にない言葉で中国人がびっくりする日本の言葉があります。
一生懸命
この字を見たとき、中国の人はワォと日本人をまじまじ見ます。
一生、命を懸けるのです。
一本の木に頼ればその木で首を括る破目になるので、
必ず二本の木を用意する中国の人にとって
これは自殺行為。

我愛銭の中に一生懸命になれない中国人の面白さがあるような。
わたしたち日本人はもう一度、一生懸命の言葉の裏と表を味わいなおしましょう。

話は戻って、

ワんチャイのほうでは白いシャツと黒いズボンの
香港の若いビジネスマンの姿が目に付きます。
そう、香港はクール。
この街にいると皆忙しそう。いわゆる香港ぽい、若い人々が多い界隈です。

今回泊まったサウスパシフィックは、560HDにしては安いです。楽天お勧めでしたが、ホント安い。
便利、きれい、温水シャワー付きトイレにお目にかかったのは海外でここが初めてです。
5スターでも付いてないのが設置されておりました。
チャーターハウスとちょうど直角に位置しております。
帰りはドーセットシビュー狭い部屋は致し方ないとして、黄大仙の占いが近いのと女人街が近いのが
夕刻から昼間でしかない乗継での宿泊には最高のホテルです。


今度の旅はタミルナドゥでの数秘術、星占い、香港での占いと
アーユルヴェダもなぜかdeepな世界へ、
明日は空港でお客様と待ち合わせしてバンコクの友達のホテルへ
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/09/18 (Thu) 11:24

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/09/19 (Fri) 09:33
NEEM
Admin: NEEM
こんにちはNEEMです。
ヘナと縁があって
日本、インド、オマーンと
ヘナの輸入卸とコンサルタントをして
30年近くになりました。
ヘナの力の素晴らしさを共有できれば、また
いつかお会いできればとてもうれしく思います。
メール:ayure88@gmail.com LINE ID naokoindia
アーユルベーダ紀行