アーユルヴェーダへの扉 NEEM

Welcome to my blog!

インド星占いと数秘術と西洋星占い

2008/07/01
アーユルベーダ紀行 0
占い、は嫌いか好きかと言われれば、大好きです。
タロットカードも好きだし、エンジェルカードも好き。
ただのめり込みたくない、洗脳されたくない、振り回されたくない、です。

占いを鏡にたとえて、自分の回りに、色んな鏡を置いたと想定し、
もちろん、そのなかには社会、学校、友達、家族、という対という意識に関しての鏡もあります。占いだけでないことがポイントです。もしカウンセラーにかかっているならそれも一つの鏡。

一つの鏡のグループとして、数々の占いで自分を占ってみると、私という人間ができあがる。

このもう一人の人間が、今の自分と重ね、
あっているとか、こんなところもあるのか、とか例えば前世などの所では
なんとも面白い自分が出てくる。

ここ一年そんな占う人たちのなかで、とっても気になる人がいます。
筋トレ、の石井ゆかり殿です。

語り口が軽そうなのに、実は結構丁寧に見ていらっいます。

私は山羊座で、今年は幸運の木製ジュピターが鎮座していただいているのですが、
彼女のような精妙なホロスコープの中にスピリチャルな直感をもって、
それぞれの星座を読んでいるのが、今の時代にすごいハートを感じるのは
どうも私だけではないようです。

しばらく離れれません。いつか会って、占っていただきたい人です。

一般的に20才過ぎたころから、社会ともまれる流れになり、それまで、ただの塊の
物であった一人の人間が、いろんな状況にぶつかり、そがれ、むき出され、自分という人間を
自分の中に見つけ、と同時に過去も出来上がってくる。

私の場合はドロップアウトしているので、高校一年のときから、ローリングストーンが始まったのですが、私の後ろは過去のいろんな、自分のしでかしたことが、ゴロゴロ転がっているわけです。
波乱万丈といえばそうだし、ただわがままだったのかもしれないし、
肩書きがないから、せめてお金の塔でも作らなきゃと思うのですが、欲がないし、
まだまだ苦労しそうです。

そんな状況の中で、ふっと引いたカード、特に思いがけないタイミングのときに他人に切ってもらったカードがズバリ当たることがある。
そのカードに導かれ、ここに来ている、そんな神様の手の上にのった感覚です。

人生も中盤に差し掛かり、確かにスピリチャルな直感がわたしにはあるようです。
説明できないのですが.....

占いにのめりこまない訳は、それより以前にドロップアウトしたときがわたしの人生の
全ての軸がそこを基点にして、探し物をさがしている人生だから、
哲学的なわたしの塊の中の中枢です。

2008年になり、よく見えてきたことの一つが
アーユルヴェーダという言葉自体が手垢にまみれ、利用されやすい道具になりつつある、
神聖な伝統的な技術より、言葉が先行しすぎです。

シッダハは身の回りの薬草からはじまります。
知っているハーブからでよいのです。

よくインドで学ばれるのですね、といわれるのですが、
誰も教えてくれません。
まるで、すし屋さんに丁稚に入ったと同じようです。
Dr.のほうが、私から吸収しているので、わたしは自分の感じないハーブはわたしのお客様から
吸収するしかないのです。

シッダハまだまだ入り口です。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
NEEM
Admin: NEEM
こんにちはNEEMです。
ヘナと縁があって
日本、インド、オマーンと
ヘナの輸入卸とコンサルタントをして
30年近くになりました。
ヘナの力の素晴らしさを共有できれば、また
いつかお会いできればとてもうれしく思います。
メール:ayure88@gmail.com LINE ID naokoindia
アーユルベーダ紀行